2016年02月17日

マイナス金利で景気が良くなる?

マイナス金利で景気が良くなる?

15日月曜日のNHK『ニュースウォッチ9』。暴落した株価が一転上がった!と喜色満面のキャスターの隣で、わざわざ解説委員が『日銀のマイナス金利』を解説。いわく・・・・・・・。

「マイナス金利が『住宅ローン』と『設備投資』に連動し、住宅を購入しやすくなり、企業も設備投資しやすくなって、景気が上向きになる」云々

さて、NHKらしい政権の望む通りの結論ありきの解説−と言えばそれまでだが、何ともお粗末で頓珍漢なおしゃべりなことよ。
未来想像図とはいえ、「まあ、絶対そうはなりまへんで!」と確信をもって言えるだろう。2つの点から。
1.「住宅ローンの金利が安くなったって!? そら、マイホームを買おうや!」という人が、景気を押し上げるほどいると思っているのか?
 バカバカしい。さすがに「平均年収1000万円超」のムダな高給取りNHKさん(原資は国民からむしり取った受信料)。庶民の生活などまるでご存じない。
●「春物スーツ半額!モノによっては7割引き!」なら、「スーツもすっかりくたびれたし、この際2着買おう!」という人は、結構いるだろう。
●「新幹線は全部半額!」なら、「家族旅行もずいぶん行ってないし、思い切って行ってみよか」という人もかなりいるだろう。
 マイホームを買うかどうかは、「買えるだけの資産(収入)があるかどうか」が最大の問題。ローンの金利で判断する人は、既に購入を半ば以上決めている人だ。最後の最後どうしようかと迷っている人の背中を押す効果は確かにあるだろうが、ただそれだけのこと。勤労者の実質賃金が年々低下し、公共に支払うどんどん増えて可処分所得がそれ以上に低下している昨今、『ローン金利が安くなったから、家を買おう!』という人は、NHK職員にはたくさんいるのかもしれないが、庶民にはそれほど存在しない。
 企業の設備投資も同じ。いくら政府とマスコミが「景気がいい」と大宣伝していても、企業はそうは思っていない。だから設備投資が極めて鈍い。多額の資金を投入する設備投資は、元が取れるかどうかを厳しく判断する。新しい機械を入れました、工場を拡張しました、作ったモノは売れません―では、倒産してしまうではないか!

2.銀行が、金利が安くなった住宅ローンや企業向けの融資を増やす―これは全くのデタラメ。NHKのデマと言ってもいい。
 銀行は慈善事業ですか? 金利が極端に安いということは、銀行にとってみればそれだけ実入りが少ないということ。利益率が超悪い商品の販売に精を出す―現実に起こるはずもない。銀行はもっと利益率の高い商品に、人も金も宣伝も注ぎ込むだろう。景気がすごく良いなら、薄利であっても多売で儲けられる。次々に住宅ローを組む人や設備投資が盛んで他行との顧客の取り合いになっている状況なら、「うちの方が金利が低いですよ」とかなりの営業をかけるだろう。そんな状況になるとNHKは本気で思っているのか?
 結局、こうなる。庶民は、マイナス金利のシワ寄せでただでさえ安い利息をまた減らされ、預貯金がどんどん目減りする。住宅購入など、テレビの中の世界だ。中小企業は、もともと「晴れた日に傘を貸し、雨は降ると取り上げる」えげつない大銀行から融資など回ってこない。中小零細企業は、大企業のように優遇税制もない。それどころか大企業の下請け叩きで、減価ギリギリもしくは原価割れでさえ働かされる。NHKにとってはわずかばかりのお金がないばかりに不渡りを出す。大銀行は、庶民に支払うべき利息を吸い上げ(そのうち、口座設置手数料などと言って、銀行口座を持っているだけで金を盗るだろう)、中小零細企業には融資などせず、かといって大企業も設備投資せず、銀行はだぶついたお金で金融商品を買い漁り、優良地銀や信金を我が物とするだろう。大銀行に買われた地銀や信金は、地元の小さな企業にお金など貸さない。
 庶民にとってみれば、踏んだり蹴ったり。それが、マイナス金利だ。
posted by isseisha at 21:43| 日記

2016年02月16日

ブログをまた書き始めました。

ブログをまた書き始めました。またよろしくお付き合いください。
フェイスブックもあるので、このブログでは主に「ぼやき」を書きたいと思います。大好きな人生幸朗師匠のようなぼやきを目指します!
さて、出版社ですから、『言葉』にこだわっていきたいですね。やはり久しぶりのブログですからまず、次の言葉を。

「フクシマについて、お案じの向きには、私から保証をいたします。状況は、統御されています。東京には、いかなる悪影響にしろ、これまで及ぼしたことはなく、今後とも、及ぼすことはありません」(2013年9月7日、IOC第125回総会)
「(汚染水について)福島近海での放射性物質の影響は、発電所の港湾内の0.3平方qにブロックされています。このため、全体としては状況はコントロールされていると考えています」(2013年10月16日、国会での民主党海江田代表への答弁)

 一国の首相のこの言葉をそのまま信じている方は、果たしているだろうか?
私の住む東京都葛飾区の水元公園で、21,700〜23,300ベクレルの放射能が検出された。これは、日本共産党東京都議会議員団が2012年2月21日発表したものだ。記者会見までしていたが、政府も東電も何ら抗議のアクションを起こしていない。もちろん訴えてもいない。つまり、事実だと認めているのだ。こんな途方もない線量でも人体にも自然にも「いかなる悪影響」も及ぼさないらしい。それが正しいとするなら、フクシマでの防護服は一体何の意味があるのだろう? 病院のレントゲン室での放射線管理など何の意味もない事なのか? それならそれで、法律を改正して『放射線は管理しなくてよい。いかなる悪影響も及ぼさない』と世界に宣言したらどうだろう? 出来るはずもない。

一方、海江田代表への安倍首相の国会答弁=「(汚染水は)発電所の港湾内の0.3平方qにブロックされています」が正しいとしよう。では聞くが、福島第一原発前の海は外海と全く繋がっていない池なのか? フクイチ下を通る汚染された地下水があれほど問題になっていたが、地下水は全て原発前の0.3平方qに流れ込むことになっているのか? そこから外れた海に流れているものもあると考える方が自然ではないのか? 全部0.3平方qに流れ込んでいると仮定したとして、毎日毎日膨大に流れ込んでいる地下水は、海に注がないとすると、一体どこに行くのだ? 0.3平方qの下に、地中深くマントルにも通じるような巨大な穴があって、そこに流れ込んでいるのか? それならそうでなぜそのように教えてくれないのだ?

国を代表する首相が、国際舞台でも、国権の最高機関である国会でも、平然とウソをついて恥じない。いや、一番問題なのは、こんなウソ・デタラメを放置している私たち国民なのだ。テレビや新聞の報道など、全くあてにはあるまい。連日連夜首相を囲んで高級寿司を食い歩いているメディアの連中など、端からジャーナリストではない。ただ単に政権の提灯持ちだ。NHK・日テレ読売・フジ産経だけではない、日経・朝日・毎日新聞、時事通信も。「評論」家というけったいな職業の連中も。
寿司友だちが、安倍政権を批判などするものか。恥じることさえない連中が、まっとうな感覚など持っているはずもない。
テレビや新聞で、私たちの目はどんどん曇らされる。問題を問題と思わず、見当違いの『敵』への攻撃に熱中する。だからこそ、今回紹介した安倍首相の「言葉」にたえず立ち返りたいものだ。そうしないと、漂流している事さえ気づかず、目が覚めたらあの世かもしれない。大人の自分はそれで良いと考えたとして、何の責任もない子どもたちを道連れにするわけにはいかない。
posted by isseisha at 18:15| 日記

2014年09月29日

原子力「寄生」委員会

3.11前は、「原子力安全『不安』院」らが安全神話を振りまいていた。原発爆発ですっかり権威を失ってしまい、目先を変えるためだけに規制委員会が発足。当時「(原発推進は)何も変わらないだろ」という批判を前に、「批判ばかりで建設的でない。新たな組織を見守ろう」というような意見があったが、川内原発再稼働GO!サインをめぐる顛末で、すっかり化けの皮が剥がれてしまった。もっとも、最初から皮さえ被っておらず、相も変らぬ原発マネーにどっぷりつかった古漬物のような連中ばかりだったけれど・・・。

さて、原子力「寄生」委員会の田中俊一委員長は、どうやら神がかってきた。
火山噴火予知連絡会の専門家たちでさえ、いえ専門家だからこそ、「噴火の予知は絶対可能」などと軽々しく口にはしない。この度の御嶽山噴火を巡っても、「もう、これ以上の噴火は絶対起きない」とか「あと3度、断続的に起きる」などの断言型コメントは、滅多にお目にかからない。
ところが、田中寄生委員長は、「(南九州の火山噴火は)、原発が動いている30年程度には大丈夫だろう」と言い切った。根拠は何?
九州電力は、もっとすごい。巨大噴火は予知でき、対処も可能・・・と。寄生委員会は、この報告をそのまま承認。田中や九電は、神様なのか? 予知夢でも見るのか? 偉大な預言者なのだろうか?

規制(寄生)委員会には、火山の専門家はいない。「専門家」というのが、最近はすっかりどうしようもないことを考えると、専門家がいないことそのものがあながち問題とは言えない。しかし、素人の恐ろしさ―ということがある。専門家はあらゆる可能性を考えるので慎重になる。それは、謙虚にもつながることだ。ところが、火山のことなど何も知らない素人だと、「噴火なんて起きないよ」と平気で断言できる。その結果、どれほど多くの人々が苦難に襲われようと、自分の言動に責任を持っていない以上、痛みを感じることもない。原発推進・安全神話を振りまいた「自称専門家」や「原発タレント」「アナウンサー」などが、3.11以降も平気でテレビに出続けられるのは、そのお蔭と言えよう。

テレ朝の報道ステーションが、田中の発言の一部を都合よく切り取った―と大はしゃぎで叩いている輩がいるが、この発言の前にあったのが、先ほども述べた「原発稼働中の30年くらいは大丈夫(噴火しない)」という神ががり発言だ。そこで珍しく記者が突っ込んで質問したものだから、田中が切れたにすぎない。きっと田中も思っていただろう。
「記者の質問なんて、いつもは予定調和じゃないか。こちらの発表をそのまま垂れ流してくれるはずじゃないの? なんで、今日に限って質問するんだよ!」と。
(お断りしておくが、私は報道ステーションのファンではない。NHKのニュースウォッチ9に比べれば見る価値がある、という程度)

こんな原発マネーじゃぶじゃぶの委員たちが、予定通りの結論を出すためだけに、時間と金(税金)を浪費している。「出来レース」という言葉があるが、出来レースはまだ一応レースをして見せる。寄生委員会は、レースさえしない。それなら、会合なんて開かずに、こう言えばよい。
「これから川内原発の再稼働をします。一応、専門家が議論してあらゆる角度から検討したことにしなければならない建前だから、会議はします。でも、結論は端から決まっていますから、どうでしょう? 数か月後にまた集まっていただくのも悪いし、日付だけ後で変えてもらうとして、結論を先に述べておきましょうか? そのほうがマスコミの皆さんも手間が省けるでしょ。結論は、再稼働OK、です。」と。

マスコミのみなさんには、今すぐ田中俊一のところに取材に行ってほしい。もちろん、御嶽山噴火の件で。
「先生は預言者でいらっしゃる。火山噴火の予知はできるし対処もできる、というのが持論のはず。この度の噴火は予知されていましたか? いえ失礼しました。当然予知されていたのでしょうが、それならなぜ事前に警告されなかったのですか? ●日に噴火するよ―と言ってくだされば、多くに命が奪われずに済んだんですよ。どう、お考えですか?」と。
田中はきっとこう言うだろう。
「その質問に答える必要がありますか? ないようなので、答えません」
それでは済まないのですよ、田中さん。あんたは、税金で作られた政府の委員会の委員長なのですから。公務ですよ。タレントへの恋愛質問と間違えていませんか? 答える義務があるのです!
posted by isseisha at 16:29| 日記