2014年07月01日

なんという恐ろしい時代か

2014年7月1日・集団的自衛権を容認する―と、安倍自民公明内閣の閣議で決定しました。
この日は、後々まで記憶される日になるでしょう。もちろん悪い意味で。

今後、自衛隊法などの諸法律「改正」を次々に国会に提案し、ろくな審議もせずに、数の力で続々と成立させるつもりなのでしょう。
NHKの大越健介キャスターは、さぞや大喜びでしょう。耳にタコができるほど彼が繰り返した、「決められる政治」が実行されたのですから。さすがに「政府が右というものを左というわけにはいかない」という頓珍漢・籾井会長の下で働くだけのことはある。大越キャスターは、後々この責任をどう取るつもりなのか?

日本には日本国憲法があって、戦争放棄(平和主義)・国民主権・基本的人権の尊重が定められている・・・というのは、小学校でも習うごく基本的なこと。憲法9条をそのまま読んで、どこをどうとれば「集団的自衛権は合憲」という話になるのか? 
その憲法を変えずに、閣議決定だけで憲法を踏み越えてしまう。これは、背筋が寒くなるほど恐ろしいことです。
もしこれが許されるならば、基本的人権の侵害や主権者の変更さえ、軽々とやれるでしょう。
もはやこの国は、民主主義国家とは言えない。第二次大戦前のドイツと同じようになってきました。ナチス・ヒットラーも、ワイマール憲法を変えないまま、独裁体制を敷きました。麻生氏が言っていた「ナチスと同じようにやればよい」を、今日まさに実践したのです。
安倍首相が好きな「選挙で選ばれたのは我々」。彼の盟友・大阪の橋下市長が声高に主張する「選挙は白紙委任」。それを実践したのがまさにヒットラーでした。
ヒットラーの「全権委任法」・・・今こそこれを想起しましょう。

しかし、彼らやマスコミの思うようには進まないでしょう。
理屈にもならない屁理屈で戦場に行かされる自衛隊員やそのご家族が本当に気の毒です。実際に派遣され、戦闘に参加し、戦死・殺戮などを経験したとき、マスコミがどれほどそれを美談に仕立てあげようとも、覆い隠せない厳然たる事実が国民の目の前に広げられる。
なによりも、諸法律の改悪作業は今これからなのです。

集団的自衛権とは、日本の安全や独立とは無関係。アメリカの戦争に自動参戦する。それだけのことです。
北朝鮮・中国の脅威を声高に叫ぶ人がいますが、それは個別的自衛権の問題。もともと結びつかないものを無理やり結びつけるために、「紛争地から、アメリカの軍艦に乗って、邦人が避難する。それが攻撃されるので、日本が参戦する」という二重三重の苦しい設定を作らなければならない。日本への攻撃ではなく、アメリカへの攻撃に対して日本が参戦する、というのが集団的自衛権なのですから。

お粗末な屁理屈に気付いた人は少なくないし、これからもっともっと多くなるでしょう。だからこそ、安倍首相はテレビ局や大新聞の幹部との会食をさらに頻繁に開くことでしょう。
結局は、テレビや大新聞が国民から決定的に見放される時期が早まるだけ。案外その日は近いかもしれませんね。
posted by isseisha at 18:41| 日記

2014年04月09日

交通事故に遭遇!

なんとも、妙にこういう場面に遭遇します。なんでやろ?

ある夜のこと、会社近くを自転車で走っておりました。文京区の春日通という大通りを、西から東へ。
ちょうど「本郷三丁目」という交差点に差し掛かったころ、「ガシャ〜ン」という音が聞こえました。
「なんやろ? トラックが荷物を落としていったんかな?」
(話は脱線しますが、「本郷三丁目」交差点の南西角にあるのが、「かねやす」という江戸時代から続くお店(雑貨屋?)。
“本郷も かねやすまでは 江戸の内”という歌も残っております。つまり、「かねやす」から遠くは、田舎だったというわけです。)

不審な音に気を取られつつ、そのまま交差点を超えて東へ進むと、道の真ん中になにやら黒い物体。
片側2車線の道路で、センターラインあたりは暗くてよく見えないんです。
「なんや?大きな荷物かな?」
そのまま近くに行くと、なんと! 人が倒れているではありませんか! でも、通り過ぎる車は止まろうとしないんです。
「なんや?この車どもは!」無性に腹が立ちます。
自転車を止めて、車どもを両手で止めながらセンターラインへ。
そこには、2人の人と2台のバイクが倒れており、1人は声掛けにも反応しない状態。
「えらいこっちゃ!」
ちょうど道の反対側からも若い2人連れが駆けつけてくれました。「会社のものが救急車を呼んでますから!」
その直後には、私の後ろから女性の声が聞こえます。「息子を交番に走らせました!」

警察官が来るまで、手で合図をしながら車をよけさせます。そのうち、意識の無かった人が声を出し始め、ようやく安心。警察官も来たので、若い男性2人と私は、現場を離れました。

しかし、止まらない車にほんまに腹が立ちます。高速道路でも自動車専用道路でもないし、すごいスピードで走る道路だから変に止まると危ない、というわけでもないんです。
事故は誰にでも起きうること。今度は自分が誰かに助けられるかもしれませんやん。それやのに、止まらん車たち。

昔から何度も思うんですが、関西のマナーが悪い、とみんな言いますけど、東京の車は救急車のサイレンにもほとんど停止ししたり、よけたりしませんね(間近に来るまで)。救急車もスピードが遅すぎるし、マイクでのアナウンスが弱過ぎますねん。
私らが関西で毎日車に乗っていた頃、そら、普段はマナー悪かったですよ、怖かったですよ。割り込みとか、スピードの出しすぎとか。でも、救急車のサイレンが聞こえたら、かなりの割合でみんな早くから止まったり、路側帯によけたりしてましたでぇ。今は知らんけど。救急車も、えらいスピードで走ってきますしね。

なんにせよ、明日は我が身。いざというときは、相身互い。事故があったら止まって助けましょ。救急車が来たらよけましょ。


posted by isseisha at 16:11| 日記

もっと、おもろいもん見せて!

時は、2014年4月6日。季節外れの寒さと雨の中、やって来ましたジュンク堂書店難波店。
今日は、店内でイベントの予定。どうなりますことやら・・・・。
天候不順でお客さんの出足は悪いけど、とりあえずがんばりましょ。なんと、1日計5回もパフォーマンスしたので、最後はもうくたくたでした。2時の会が一番盛り上がりましたね、子どもたちも多くて。反応も良く。30分経ったので「そろそろ終わります」と言うたら、「ええ〜っ!もっと見たい〜!」と鄭げ九年くらいの女の子。でも、もうちょっと、というところでやめときましょ。

3時の会は、しっちゃかめっちゃか。開会前にイベントスペースに座って休んでいるおじいさんが1人。係の方が、言うてくれはります。
「すみません、3時からここでイベントをやるんですけど・・・」
「なんや?ここ、座ったらアカンのか?」
「アカンということないんですけど・・・」
「ほやったらええやん。なんかやるんやったら、見といたるから」
もう3時5分前。おじいさんは移動しそうにないし、まあええか。
と思って、子どもを相手にパフォーマンスを始めて、数分後。
「兄ちゃん、もっとおもろいもんないん? 笑えるヤツみせてや」
と、おじいちゃんからまさかのリクエスト。

これ、難しいんですわ。幼稚園児がおもろいと思うものと、おじいさんがおもろいと思うもんは、違いまっさかいねぇ。
でも、しゃあないですやん、リクエストされたら。どうにでもなれ、とちょっと難しい手品を披露。

すると、くだんのおじいさんが言います。
「まあまあやな」
あんたは、芸能評論家でっか?
案の定、幼稚園児はきょとんとしてるし、どこに焦点を当てようかと、ほんま困りました。でも、あれこれできるわけやなし。そこは開き直って、平然と(振りだけ)最後までやり遂げましたがな。
ほんま、冷や汗もんですわ。
posted by isseisha at 15:49| 日記

2014年02月19日

ソチオリンピック・恐ろしい主張 その1

ソチオリンピックで熱戦が繰り広げられています。
寝不足の方も多いのではないでしょうか? 
私は、なんといっても、まだ中学生の平野歩夢選手と、41歳の葛西紀明選手に注目しました。平野選手は、年に似合わないあの落ち着いた対応ぶりにもびっくり。葛西選手は、個人戦ではなく、団体戦後の涙に・・・。
もちろん、メダルを取れなくても、各選手の業績や努力が台無しになるわけではありません。

ところが・・・、竹田恒泰なる人物が、どえらい発言をしていますね。いわく、
「予選落ちしてヘラヘラと『楽しかった』などと語った選手」が、負けた後で「思い出になったとか、楽しかったなどはあり得ない」。「日本は国費を使って選手を送り出してます。選手個人の思い出づくりのために選手を出しているわけではありません」。
これはとても恐ろしい発言です。

この人はスポーツ素人のようですが、素人だからと言って、飲み屋や身内の雑談ならいざ知らず、公表するようなレベルの話ではない。恥ずかしいとも思わずに公表するところに、この人物の知識と品格の低さが表れている。
マスコミも、この人物を取り上げるのに、いちいち「明治天皇玄孫」と肩書を付けるのはやめた方がいい。先祖の名前をつけるのが正式なら、今後紙面を飾る人物名のすべてに、祖先の名前を冠すればよかろう。
「徳兵衛玄孫・ふなっしー」とか? 誰やねん、それ?

彼の発言の、何が恐ろしいのか?(続く)
posted by isseisha at 00:00| 日記

ソチオリンピック 恐ろしい主張 その2

竹田恒泰なる人物の「とんでも発言」その2。
本来なら、相当問題になるはず。というよりも、問題視しなければ、この発言が独り歩きして、やがて「当然」のごとく受け入れられてしまうかもしれない。

まず、大した発言でないことは、次の質問をすればすぐにでもわかる。
「竹田さん、あなたはご自分の子ども(いつか生まれるとして)がオリンピックに参加した際も、同じことを言いますか?」
自分の子どもでなくても、甥や姪なども想像してみるといい。
あなたの兄弟の子が出場して、メダルを取れなかったとき、どういえば納得するのか? 「税金を使って、メダル一つとれなかったのか!」と言えるのか? それだけの度胸があるのか?
おそらくそんな度胸はありはしまい。全く他人事だから、平気な顔をして言えることだ。すぐに底が割れる程度の発言。

税金を使って云々という発言に至っては、ようするに弱い者いじめをしたいだけ。
税金を使っているのは、スポーツ選手だけなのか?
たとえば、日本の大企業のためにどれだけの税金が注ぎ込まれ、かつ税金をまけてやり、地方では誘致のために造成からインフラ整備から何から何まで面倒を見ている。そして、業績悪化とともにあっという間に撤退する。バブルがはじけたとき、日本の偉そうな都市銀行にどれだけの税金が注入されたか。それで、日本の企業は世界に冠たる企業になったのか? 家電業界はガラパゴスとまで言われ、斜陽じゃあないか。日本の銀行? 談合のゼネコン? 世界ではだれも相手にしていない、護送船団のなかだけで生きていけるような程度。

竹田さん、あなたはこれら日本の大企業にも、「税金云々」と言ってみたらどうだろう? ついでに、毎年毎年300億円以上のつかみ金を「政党助成金」などという名で注入してもらっている政治家どもに(特に、安倍首相はじめ現閣僚たち)、「へらへらとテレビに出ている暇があったら、政策を練れ。調査しろ。議論を深めよ」と言ってみたらどうだろう? あなた自身が勤務する慶応義塾大学にも税金が使われている。それであなたも給料をもらっているのだから、あなたにも税金が間接的に使われている。どんな成果をあげたのだ?

なによりも、あなたの父親ご自身が、JOC日本オリンピック委員会の会長ではないか。身近に対象がおったやん。
あなたは、ご自分の父親に向かって、「毎年毎年どれほどの税金が注ぎ込まれていると思っているのか。それでこれだけのメダルしか取れないのか。会長としての責任を取れよ!」と言ってみたらどうだろう? いや、言うべきだろう。
あなたが見ず知らずの選手たち、どれほど血のにじむような努力を積み重ねてきたか、どれほど家族や周りのスタッフが支えてともにがんっばってきたか、知らず・知ろうともせずに暴言を投げかけている人たちを、公に非難する暇があるのなら、
ごく身近な父に向かって言えばよいことだ。そうすれば、家庭内の問題で済む。家庭不和?

「税金を使って・・・」という主張が、このところいろんな問題でまかり通っている。しかも、言う本人が一番税金を無駄遣いしているような輩なのでしらけるばかりだ(橋下大阪市長や石原慎太郎元東京都知事など)。
よくよく気を付けないといけない。

とにもかくにも、選手たちには、大いにリラックスして、持てる力を思う存分発揮してもらいたい。
不要なプレッシャーを与えるような指導は、もう何十年も前の発想だ。柔道を見てみるがよい。暴力に、セクハラ・・・。もう、スポーツでもなんでもない、それが竹田さんのお好みですか?
竹田氏のような意見がまかり通るようなら、日本のスポーツ界はますます世界から取り残される。
しかも、負けてこんなことを言われるのでは、「それじゃあ、もうオリンピックに出るのなんてやめる。スポーツもやらない」となるだけでしょう。

竹田さん、それほどメダルだけが欲しいなら、それほど税金が無駄だと思うなら、自分の子どもだけを派遣すればいいだろう。

オリンピックは本来個人参加が原則のはず。だから、インドの選手のように、国のオリンピック委員会がIOCから処分されていても、個人資格で参加できるのだ。
国の威信だ・税金だ、と言えば言うほど、「では、個人参加にしましょうよ」という話になってくる。


そのほうがいいとは思うけどね。
posted by isseisha at 00:00| 日記